ワークセンターコンパクト&コンパクトソーテーブル

コンパクトソーテーブル&ワークセンターコンパクト

Q1: ノコ刃が正確に調整できません。

A1: あなたがお持ちの丸ノコをコンパクトソーテーブルに取り付けて、正確に切り出せるかどうかを決める要素はいくつかあります。まず取扱説明書の丸ノコの取り付けと細部のセッティングに関する説明をよく読み、原因と思われる問題を見つけてください。解決方法が書かれていますから、それに従って調整してみてください。それでも解決しない場合は、トリトン・ジャパンに問い合わせてください。

ノコ刃の調整に関するトラブルは、ワークセンター2000 をご覧ください。

Q2: コンパクトソーテーブルに取り付けられる丸ノコのサイズは?

A2:
160?235mm の丸ノコが取り付けられますが、小さい丸ノコの場合はベースプレートの大きさにご注意ください。
230mm 以下ですと取り付けができません。

Q3: コンパクトソーテーブルの透明安全ガードのサポート部がきつくてプラスチック部が取り付けられません。

A2:
透明安全ガードのサポート部がきつくて入らない場合、サポート部分の厚みではなく幅が少し大きいと思われます。この場合の対策としては、市販されているハンドソー等で透明安全ガードのプラスチック部分のサポートが入る穴を少し削って下さい。(厚みの部分ではなく長さの部分を少し削って下さい。)
そうすると、緩くなるので動きがスムーズになります。
※削り過ぎには注意してください。

Q4: コンパクトソーテーブルに入っている黒いプラスチックの部品(アライメントカム)はどのようにして使うのですか?

A4:
アライメントカムは、コンパクトソーテーブルに トリトン 235mm パワーソーを取り付ける場合に使います。 アライメントカムを使うと、丸ノコの取り付けや調整が容易にできます。
※アライメントカムの説明書は、こちらからダウンロードしてください。
(説明書はPDFファイルです。)

Q5: コンパクトソーテーブルのテーブルが少しへこんでいます。

A5:
トリトンのコンパクトソーテーブルのテーブルは、プレス加工されたスチールでできています。トリトン製品はその製造工程で高いレベルの精密さを保っていますが、プレス加工本来の限度があります。なにか真っ直ぐなものをテーブルにおいて、すきまゲージを使ってへこみ具合を計ってください。 0.5mm 以上のへこみがあれば不良品ですのでトリトン・ジャパンにご連絡ください。テーブルを新しいものと交換いたします。