ルーターテーブル

ルーターテーブル

Q1: ジグソーキットが穴に入りません。

A1: ルーターテーブルのテーブルを交換する必要があると思われます。トリトン・ジャパンにご連絡ください。

Q2: ルータープレートがテーブル面よりもわずかに高いために、加工中に木材が傾き、仕上がりの精度が出ません。

A2:
ルータープレートは、加工時にルーターの刃が必ず頂点になるようにデザインされています。 プレートはテーブル面よりもわずかに高く、中央のインサートリングはプレート面よりもさらにわずかに高くなっています。プレートがくぼんでいたりすると切り込み深さが変わります。また完全に水平であれば加工材にわずかな反りがあったり波打っているような場合切り込み深さが変わってきてしまいます。刃が頂点にあることでこうした切り込み深さの変化を最小限にするよう、ルータープレートの形状はデザインされているのです。

しかし、この段差が気になる場合は、これを調整することができます。 ルーターテーブルの取扱説明書の2&3ページをご覧ください。プレートについている部品番号(12)のプレートクランプベースを外してプレートに接する方の面をサンドペーパーなどで必要なだけ削り調整してください。削りすぎたり高くしたい場合は、プレートクランプベース(12)とプレートとの間に紙のような薄いものを詰めて調整してください。

Q3: MDFスライダーはテーブル面よりも高くなっていますが、これを調整する方法がありますか?

A3:
MDFスライダーの高さは、上記のQ2のルータープレートの調整と同様にして高さを調整することができます。 MDFスライダーをのせるインナートラックのネジをゆるめてトラックの高さを調整できます。
また、部品番号(28)のインナーベアリングを取り外し、スライダーに接する方の面をサンドペーパーなどで必要なだけ削って調整してください。
(取扱説明書の4ページを参照してください。)